わのわの暮らし雑記帳

シンプルでゼロ・ウェイストな「わ」の暮らしを目指し、おもにごみ減量のヒントを書き留める雑記帳です。

避けては通れない布ナプキンの話

おはようございます。わのわです。

このブログでは、ゼロ・ウェイストな暮らしを目指した

我が家の取組を紹介します。どなたかのヒントになれば幸いです。

 

すっかり秋めいてきましたね。

今日の東京はどんより曇り空ですが、この時期、

晴れた日は空の高いところと低いところに

別の種類の雲が行き来していたりして、

空に、いつも以上に立体感というか奥行きがあって、

すごく表情豊かで、つい見入ってしまいます。

我が家の庭では柿やざくろ

着々と実りの準備を進めています。

ざくろは昨年10kgとれたのですが、

今年は見るからに昨年より豊作です。

ありがたいことですが、ざくろは皮をむくのも

果汁を搾るのもなかなかの手間なので、

お手柔らかにして欲しい気持ちもあり、複雑です。

 

さて、ざくろといえば、美容やら妊娠やら、

女性に嬉しい効果がいっぱいあるらしいですね。

今日は、そんな女性を煩わす日々に必要な、生理用品のお話です。

f:id:wanowanowa:20180902190512j:plain

我が家の庭のざくろ

 

 

続きを読む

「倭」のお風呂セット

こんばんは、わのわです。このブログでは、

ゼロ・ウェイストな暮らしを目指した我が家の取組を紹介しています。

ごみを減らしたいという方のなにがしかのヒントになれば幸いです。

 

ひと頃、我が家に脱・プラスチックブームがあったせいで、

我が家で目に見える、手に触れるプラスチックは

かなり少ない方だと思います。

洗濯物干し、ほうき、ちりとり、はたき、ヘアブラシ、

しゃもじ、バケツ、キッチンタイマー、おたま、

計量カップ、軽量スプーン、園芸用のスコップ、ざるとボール、

石けんトレイ、漏斗、漬け物石、洗面所のコップ、

以前は、あるいは普通はプラスチック製のもので、

我が家ではプラスチック以外の素材を使っているものです。

しかし、なかなか脱・プラできないものも結構あります。

主なのは電化製品一般、家の設備(ユニットバスなど)、

ふとんばさみ、歯ブラシなど。

できれば伝統的な「倭」の道具に立ち返りたいと思うのですが、

ふとんばさみって、プラスチック以前はどうしていたんでしょうね?

 

さて、今日は、何年か前のお話ですが、その一連の流れのなかで、

ごみの減量にもつながったかな、と思えている

お風呂セットの脱・プラスチックです。

 

IMG_1403

 

 

続きを読む

回数券の呪縛から放たれる

こんばんは、わのわです。このブログでは、

ゼロ・ウェイストな暮らしを目指した

我が家の取組を紹介しています。

ごみを減らしたいという方のヒントになれば幸いです。

 

中高生の頃、「ベルサイユのばら」が流行りました。

後に悲劇の王妃となるマリー・アントワネットを中心に、

贅沢三昧に暮らす貴族、対称的に生活に困窮する平民。

中世ヨーロッパの貴族社会は腐りきっていたのだなー、

現代でよかったー、などと暢気に考えたものでした。

しかし今、大人になってよくよく考えてみると、

現代ではこの構造がグローバル化しただけですね。

私たちのライフスタイルを支えるために、

海外のどこかで日々、労働の略奪や戦争が起きているけれど、

その因果関係を私たちは知らない、知ろうとしない。

「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない!」と、

マリー・アントワネットが言ったとか言わないとかいいますが、

将来歴史になったとき、今の私たちの社会の状況も、

同じくらいKYに思われるのかな、なんて思ってしまいます。

 

さて、そんな中世のお話とは全く関係なく、

今日は、通勤に使っていた回数券をやめたお話です。

 

f:id:wanowanowa:20180921122835j:plain

 

 

 

続きを読む

丈夫な革靴を選ぼう

こんばんは、わのわです。このブログでは、

ゼロ・ウェイストな暮らしを目指した我が家の取組を紹介しています。

ごみを減らしたいという方のなにがしかのヒントになれば幸いです。

 

旦那さまとの会話のなかで「ゴミをみるような目で見る」

という聞き慣れぬフレーズが出てきました。なにそれ?

聞けば、二次元の世界ではよく使われる慣用句のようなもので、

「蔑むような冷ややかな視線を浴びせる」みたいな意味らしいです。

ふつうならそこで会話は終了、なのですが、

日々ごみ減量に取り組むワタクシとしては、どうも聞き捨てなりません。

いやいや、「ごみ」はもとを正せば全て大地や命の恵みの産物で、

必要あればこそ私たちが迎え入れ、その役割を果たし終えたものです。

少なくとも、そうであるべきです。

そのごみに「感謝」こそあれ、「蔑む」とはなにごとか!

と、団らんの食卓で息巻いて、旦那さまに軽く引かれました。

まあ、旦那さまに怒ってもしょうがないですね。

 

さて、今日は最近久し振りに新調した靴のお話です。

 

IMG_2226

 

 

 

続きを読む

レシートいりません

おはようございます。わのわです。このブログでは、

ゼロ・ウェイストな暮らしを目指した我が家の取組を紹介しています。

ごみを減らしたいという方のなにがしかのヒントになれば幸いです。

 

ここ数日、仕事で山の中を歩き回っています。

以前はこれが日常だったのですが、もうだいぶ前から

現場はほとんど人に任せるようになっているので、久しぶりです。

都会の平坦な道ばかり歩いているなまりきった足腰には

デコボコの山道で姿勢制御しながら普通に歩くのさえ結構な負担です。

そんなわけで、身体中筋肉痛でぼろぼろなのですが、

野外に出て自然を身体中で感じるのは本当にいいです。

視界を埋める緑、土や植物や雨の匂い、風のざわざわや虫の声、

日光の温かみや沢の水の冷たさ。上手く伝えられないのですが、

五感で感じる全てが、理屈抜きに、都会では見失いがちな

「生きている」実感を強烈に与えてくれます。

都会で何か行き詰まりを感じているような人には、

騙されたと思って野山に出かけてみてほしいです。

 

さて話変わって、今日は、買い物をしたとき、レシートを

できるだけもらわないようにしている話です。

f:id:wanowanowa:20180716125758j:plain

黙っていると日々印字されていくレシート

 

 

続きを読む

なめ茸の自家製、簡単です!

こんばんは。わのわです。このブログでは、

ゼロ・ウェイストな暮らしを目指した我が家の取組を紹介しています。

ごみを減らしたいという方のなにがしかのヒントになれば幸いです。

 

先日、デパートを散策していたら、催し物会場で

「リサイクルジュエリー」という看板が見えました。

女子力低めの私は「ジュエリー」への感度は低いのですが、

「リサイクル」の5文字に引かれて足を止めてみました。

聞けば、不要になった方から買い取ったジュエリーを

磨いたり修理したりして売っているらしいです。

・・・それは「リサイクル」でなく「リユース」では。

おかしいですね。

リユース」の方が「リサイクル」より価値ある取組なのに、

やはり、一般には「リサイクル」の方が知名度がある言葉なんですね。

 

今日は、納豆とともに我が家の朝食のスタメンとなった、

自家製なめ茸のお話です。

 

IMG_2219

 

 

 

続きを読む

ブラックかカフェオレを頂くわ

こんにちは。わのわです。このブログでは、

ゼロ・ウェイストな暮らしを目指した我が家の取組を紹介しています。

ごみを減らしたいという方のなにがしかのヒントになれば幸いです。

 

職場でこんなことがありました。

近々必要になるプラスチック製の消耗品のストックを、

会社から電車で小一時間かかる倉庫に取りに行くことになりました。

プラスチック製で消耗品である時点でもうかなりアレなのですが、

その消耗品の利用頻度は低く、結構嵩張るので、

以前使った余りは倉庫にストックしてあったのです。

しかし、その消耗品の値段を考えると、人件費をかけて取りに行くより、

通販で新しいのを買った方が圧倒的に安上がりなんですよね。

必要な時に通販で買い、余ったら捨てる方が経済的なのです。

、、、そんなことをするのは不本意なので、黙ってましたけど。

でも、この世界で経済活動をしていると、

結局ごみをたくさん出す方が合理的、ということが

まま、あるのだなあ、と、改めて実感させられた出来事でした。 

 

さて今日は、喫茶店で出すごみを少~しだけ減らす、

とてもささやか~なお話です。

f:id:wanowanowa:20180802200637j:plain

こんなお店では、たまにはブラックで

 

 

続きを読む